Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
<< KATAKI -McD-&-TAKAGI- | main | Season's Greetings >>
TTF 2017
category: - | author: HIT

久々に普通のブログを。

 

ここんとこクソみたいに追われすぎてて…

振り返るほどの余裕もなく安らぎに身を寄せるでもない

てやつですまじで

ネイヴ始めて12年紆余曲折ありましたが、今すげー忙しくさせていただけてるのはとてもありがたく

嬉しい事です。ゆかいな仲間たちとサポートしてくれてる人たちに日々感謝しかない。

 

そんなぱっつんぱっつんの毎日ですが、先月台湾のトイフェスに参加してきました。その時の模様を。

 

 

10月6日 DAY 1

親方(パンクドランカーズ)とUCくん(墓場の画廊)と一緒にいざ。

 

 

 

着いてすぐ会場入り。ブースで簡単にセッティングをして台湾・香港の奴らと合流し夜の街へ。

 

 

 

台湾ビールの応酬

ノンストップ

 

 

 

深くまでは行かず翌日に備えておとなしくホテルに帰った。

 

 

 

10月7日 DAY 2

TTF1日目
豪雨の中3000人の人々が並び入場規制で開場が大幅に遅れた。

ブースはパンクドランカーズ、スイミーデザイン、ブルマァク、ネイヴの混合チームで、それぞれの抽選

販売時間にみんなで手分けして仕事してました。

とりあえず押し寄せてくる人々がエグくて、昼メシも休憩もナシにドタバタ働いてて気づいたら夜の8時

てな感じだったがとりあえずやりきったよ。

 

 

 

夜はミルクボーイのシンゴくんも合流し街へ。
台湾はとにかくタクシーが安くてどこに行くにもホント助かる。
ウマいメシ食って、台湾・香港の奴らと合流してみんなでデカい風呂入り行って修学旅行ばりに

アラフォーのジジイたちがキャッキャ言いながら水とかかけあって、マッサージ受けてDAY2終了。

疲労困憊。

 

 

 

10月8日 DAY 3

TTF2日目
オンタイムでスタート
この日はネイヴからの販売だったが夕方から我々のブースの目の前でゆでたまご先生のサイン会が

あるから、ごった返す人で迷惑をかけられないとなるべく早く終わらせるよう作戦を立てて販売開始。
人は初日よりさらにヤバかったけど、慣れもあってかスムーズに進行した。

抽選待ちの行列はブース前からはみ出し、会場をぶち抜いて場外まで続いてた。並んでくれた人達

ありがとう。ほとんどの人が買えなかったんだろうけど、今後もコンスタントに出していくので

宜しくお願いします。

 

 

 

即席で必死に当たりくじを作る親方。真面目に働いている。

 

 

 

ソフビの販売は2日目で全て終了。

その後の先生のサイン会を眺めていてなんだか不思議な気分だった。
35年前からの憧れ、その作者が目の前、しかも台湾にいる…
叔父さんが台湾で買ってきてくれたパチ物のTシャツですら喜んで着ていたあの頃の自分に、35年後

にはお会いできるから頑張って生きろと伝えてあげたくてバレないようにちょっとだけ泣いてた。

 

夜は夜市でマイメンと合流の予定がWi-Fi問題で連絡がつかず、お呼ばれした食事会に行ってみたら

キン肉マンのチームとの会でまさかの先生とお食事お話させていただけた。気さくで超元気な先生こそ

スグルそのものだった。ヒーローは実在した。

 

胸いっぱいでホテルに戻り、飲み直すつもりで携帯の充電だけしに部屋に戻って

そのまま気を失い気づいたら朝の6時だった。

 

 

 

 

 

10月9日 DAY 4

TTF3日目

ソフビも完売したしあとの2日は余裕だろうと優雅に朝メシ食ってのんびり会場入りしたらすでに通訳の

デイビッド達が鬼のように働いていた。アパレルやグッズを求める人々でごった返していた。Tシャツも

多めに持ってったが完売。
三日目はこんな感じらしい。殺伐ともしてないけど普通に忙しくてこんくらいが丁度いい。

昼メシも3時頃には食えた。
全く同じタイミング、別の動きで台湾入りしてたキャンパストイ(神保町)のマッツとも会えた。
 

 

 

夜はアフターパーティーに一瞬だけ顔を出し、買い食いとお土産を求め香港のコレクター達と夜市へ。

夜中まで遊んで台湾の夜を満喫したDAY4。

 

 

 

10月10日 DAY 5

TTF最終日
やはり会場に着いたらすでにまじめなデイビッドは1人で働いていた。
デイビッドは友達の友達で、中国語が話せない我々の為に手伝いにきてくれた助っ人外国人。

彼がいなかったらと思うとまじゾッとする。
台湾の人達は英語無理な人が多めで言語ではかなり苦戦した。
4日目はひたすらサインと写真の日で大から小まで何十匹カタキ描いただろ。
描く度にスキルアップしてったから最初の方のヘッタクソなの渡しちゃった人々には申し訳ない。

最終的にはこれを5分くらいで描けるようになってたよ。

来年までには更にスピードもスキルもあげときます。

 

 

 

終わってからよーやく連絡がついたマイメンと合流すべくタクシーで夜市の指定された店へ。

さすがの乙ログ、夜市の屋台風なのに台湾で食ったメシの中で一番ウマかった。絶対また行く。


夜市を散策して、足がない乙とバイバイして、足ついてる二人と足壺キメに行って、悶絶してDAY5終了。

 

 

 

 

 

社長悶絶

 

 

10月11日 DAY 6

台湾最終日

チェックアウトが昼だったのでギリギリまでダラダラしてた。
用事を済ませて早めに空港へ。基本ずっと仕事をしてたいタチなのでほぼ観光的なことをしない
かなり自分好みな旅だった。

あまり新宿から出たがらない男は初めて行った国でたくさんのことを学んでこれました。

 

世界は広い。

 

出会った人々みんなにありがとう。また来年!

 

- | - | - | - | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS